ゴボウの勝ち~♪

この前、どっちでウンチくんがモリモリなのか?
ってことで

 「さつまいも」なのか「ごぼう」なのか?

って記事を書いたんだけど、ゴボウを入れなかったらば
ウンチくんの量が減った。
なもんで重い腰をあげて、昔は良く見ていたサイトを見てみると

gobo&satsumaimo
(クリックで大きくなるよ↑)

水溶性、不溶性どちらもゴボウの勝ち~♪

でも猫さんのウンチくんが出ないーで、よく見かけるのはサツマイモ。
これって嗜好性の問題かな?
ウチも今となってはゴボウ臭ばりばりでも食べるけど
昔はダメだったもんなー。その点サツマイモは甘いいい香りだし主張しないもんね。

ウィキペディアで見てみたら、きなこがダントツ1位。

seni

だけどこれは不溶性の繊維の方のよう。
最初の表にキナコを加えてみたのがコレ↓(クリックで大きくなるよ)。
+kinako

水分量が全く違うからピンと来ないけれども
同じ水分量にして計算しなおすとゴボウの方がスゴイような?
でもそうやって比べることに意味があるのか・・?
知ってる人がいたら教えて!

ウィキ情報では食物繊維の効果として

 ◎熟した果物などに含まれている水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)は
  食後の血糖値の急激な上昇や、コレステロールの吸収を抑制する作用が報告されている。
 ◎野菜や穀類、豆類等に含まれている不溶性食物繊維は、大腸の働きを促す。

 消化管内の必須栄養素であるカルシウムと結合し腸管からの吸収を阻害する働きもある。


ってありましたが、カルシウムを阻害するってのが気になるな・・・ほんとかな?

って、なにを今更手作り食の基本のようなテーマを書いてるんだ?
って感じだけど、これまで便秘で大変って事がなかったのだから
良かった!ってことにしようと思う^^ゞ
あ、おかげさまで今も便秘で困ったりはしていないですけどね♪

ちなみに昨日作ったごはんは、ゴボウだけでサツマイモは抜いてみたけど
どうなるかなー?出たら愉しいなぁ~!

【余談】
ゴボウに片栗まぶして揚げたものに甘辛い醤油ベースのタレを絡めて
ゴマをたっぷりまぶしたのが超美味しくってはまった時に
1本ペロッと食べちゃった時があったんだけど、その後地獄だった。
おなかが破裂して死ぬかと思うほど膨満感!
ウィキペディアの資料を見るとゴマも繊維たっぷりだから
あんな大変なことになったのね^^ゞ
なんでもほどほどに・・・食べすぎには注意です。

Comment

通りすがり #-

繊維量

100グラムあたりの繊維量っていうのがネックで
牛蒡100グラムは未だしも
きなこを100グラム使うことってあまり有りませんよね?

人間の場合でもそうですが
栄養素を比べる場合
一日の使用量で比べたほうが、わかりやすいのかも
しれません。

2011/10/16 (Sun) 06:36 | URL | 編集 | 返信
☆通りすがりさん #-

コメントありがとうございます♪

>一日の使用量で比べたほうが、わかりやすいのかも
しれません。

そうですね!
次回比較することがあれば
そんな風に比べてみたいと思います♪
勉強になりました、ありがとうございますー!

2011/10/21 (Fri) 18:08 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。